奥秩父
甲武信岳
こぶしだけ

ホーム  △次の山  △前の山

2006年 3月20日-3月21日

緊張。美。充実。
雪の山へ行けば味わえる。

太平洋側の山の3月は、雪の多い季節だ。となると、春分の日がらみの連休はかなり重要かもしれない。昨年もこのときに登った蓼科も、満足いくものだったしな。
今年はどうしようか。4連休なので夢が広がるが、いくつかの候補の中から甲武信岳を選択。僕の現在の経験、装備で無理なく行けるだろうし、笠取山までの稜線を歩き、誰もいない小屋で連泊するのは気持ち良いだろう。

で、週末。天気図を見ると、土曜の夜から日曜の朝にかけて二つ玉低気圧通過。日本列島を大嵐にする、恐いパターンだ。そんな日に山登りに行くと死んでしまうので、2泊周回コースの計画を甲武信岳往復コースに変更をしよう。

今回は、登山口まで車で来てしまった。月曜の始発に乗り、バスを乗り継いで来るよりも、日曜日の夕方からだらだらと運転して、登山口で車中泊したほうが時間的にも肉体的にも楽だ。家で無為に時間をつぶすよりも、時間的余裕を作るほうが重要だ。夜10時ごろ西沢渓谷に着き、道の駅の駐車場で一泊。

8:30、西沢渓谷を出発。見上げる頂はそこそこ白いが、樹林帯の山は見かけ以上に雪が多いというから、上のほうはかなり多いのかもしれない。 が、このあたりに雪の気配はない。単調な登り尾根だが、カラマツの落ち葉を踏みしめながらの静かな道だ。頭の中を考えごとしているような、何も考えていないような状態にして、ポツポツと登っていく。


土であるような木であるような、倒木としての晩年

10:30、 との合流地点、標高2000m弱。このあたりから雪が現れ始めたので、アイゼン装着。 今日は一人だろうなと思っていたが、足跡から判断するに、どうも前にもう一人いるらしい。
しばらく歩くと、休憩しているお姐さんがいた。年齢は良くわからない。15くらいにも、50くらいにも見えるが、多分その中間くらいだろう。しかし、一見して山慣れていることが見うけられる。海外の山でも登っていそうな感じ。今ここにいるということは、今夜の話相手ができたことになるだろう。挨拶して先を行く。
その後、今度は僕が休憩して追いぬかれる。再び休憩しているお姐さんを追い抜き、処女雪を踏み荒らす権利と道を見つけて掘り進んでいく義務が僕のところに戻ってきた。


山梨からも、富士山はでかい

雪は、くるぶしがうまるくらい。 アイゼンの裏に30cmばかりの高さとなってくっつくが、うまい具合にかかとのほうにばかりくっつき、ハイヒールのようになる。その傾きが山の斜面にマッチして、階段を歩くような状態になって都合が良い。
しかし主脈縦走路に合流し、トクサ山の直下あたりになると、そうも言っていられなくなる。雪がかなり深まり、膝まで埋まってみたり、腰まで埋まってみたり、10m進むのも難渋する。すべての動きがスローモーションになる。まぁここまで登ってきたし、時間は十分にある。


足元に埋まった標識

展望のないトクサ山を越え、14時甲武信小屋着。すぐ後にお姐さんもやってきた。
ここで再びトップ交代。お姐さんは頂上行ってくるらしいが、僕はお腹が空いたので小屋でラーメンを作る。

甲武信小屋 甲武信小屋 冬季小屋内部
甲武信小屋とその内部

甲武信小屋の従業員は12/1に下山してしまったらしいが、小屋のの一部が冬期小屋として開放されている。20人くらいは楽に寝られそうな部屋に、貸し出し用の毛布と寝袋が5,6個。 暖房は使えないので寒いことは寒いが、使用者のマナーが感じられるような清潔感。テントよりも広々と使えるし、安心感がある。 ノートの記載を見ると、12月から10数人が利用したらしい。 こういうものの存在が生死を分けることだってあるから非営利目的でやっているのだろうが、大変ありがたいことだ。

甲武信岳

途中でお姐さんとすれ違って、小屋から頂上までは20分程度。甲武信岳は標高2475m。かなり高い山である。これより高い山を持つ県は、静岡、山梨、長野、岐阜、富山、新潟、石川、群馬、栃木、埼玉と、全国47都道府県のうち、わずか10しかない。北海道、東北、近畿以西の日本にはこれほど高い土地はないのだ。
そんなに高い山なのに、最後まで樹林帯。これが奥秩父の山。展望はないが恐さも無い。 頂上まで行けば見晴らしが良い。やっぱり富士山がきれい。また、ここに至って初めて西側の南アルプス、八ヶ岳の姿を望むことが出来る。縦走路の先には、金峰山らしきハゲ山が夕日を反射しててかてかに光っていた。
頂上手前にも露岩帯があって、こちらは東側の雲取山方面から富士山くらいまでを見渡せる。こちらのほうが風が弱く、居心地が良かった。

甲武信岳は、分水嶺の山としても有名だ。ここで立ち小便をすればすぐに凍るだろうが、春に溶けたらその一部は日本海へそそぎ、一部は太平洋へそそぐというやつだ。立ちしょんしなかったがすれば良かった。 他にも分水嶺の山なんてたくさんあるが、ここが有名なのは千曲川が意外なほど入り込んでいて関東から近いからだろうか。

小屋に戻ると、もう一人おじさんが到着していた。朝一のバスでやってきたということ。
小屋の中でも、氷点下5度よりも寒そうだ。料理でも食べかすでも、ちょっとこぼすとすぐに凍ってしまい、吹き取ることが出来なくなるくらい。借りてきたデジカメは昨日すでに電池がなくなったのでおいてきたが、これじゃあってもすぐに電圧降下だろう。しかし熱源が3人に増え、気分的にだいぶ暖かい。


夕方。
風が強い。今夜の星は申し分の無い輝き。

日ノ出は今イチ。霞んだ空の向こうに、なんとなく昇っていた。
昨日とはうって変わって、展望が無い。あんなに大きく見えていた富士山も、どこかへ行ってしまった。晴れてはいるが、暖かくなるため霞んでいる。冬は終わってしまったのか。

今日はどうするか。頑張れば、稜線を歩いて雁坂峠まで行くことは可能だろう。埼玉県の最高峰、三宝山を踏んで帰ってくるのはそれよりも楽そうだ。
でもいいや。頑張らなくても。夜の写真撮影で疲れたし、展望ないし。

8時半、小屋出発。昨日掘り進んだ道を戻っていく。
下りは早い。雪があったほうが楽だ。普段なら慎重に足場を選ばねばならないような地形でも、無造作に足を放り出せば、雪が柔らかく受けとめてくれるのだから。転んでも痛くないし。

11時半、西沢渓谷。柔らかい光に満ちて、早春を絵に描いたような世界。たった2時間半前は厳冬の中に居たのに。

途中から合流した、昨日同宿したおじさんを乗っけて、西沢渓谷へ向かった。(けど道に迷って、甲斐大和まで行ってしまった)



星の写真集出しました。
このときの写真使ってます。

リンク

付近の山▲雲取山 ▲大菩薩  ▲茅ヶ岳

地図上のアイコンをクリックすると、該当ページに移動します
:登山記
:今日のごはん
:自転車旅行記

ホーム  △次の山  △前の山