■Back ■Next ■Home

2005/06/25(土)

母島で知り合った、通称ジダンに誘われ、南伊豆は妻良で開催のシーカヤックフィスティバルに参加。

・カヤックと一口にいうけれど、実に様々な種類がある。
実際に色々なカヤックに乗ってみて、そのことを体で実感できた。早いもの、安定したもの、小さくたためるもの、気楽に楽しむもの、遠くへ行けるもの。一口に車といってもトラックもあるしスポーツカーもある。そのくらいタイプが違うっていっても良さそう。

・とってもアットホームな催しもの。スタッフの方は誰もにこやかに挨拶してくれる。

・何だか外人率が高かった。3割くらいは西洋人で、英語が飛びかっていた。ジダンも友達の豪州人を連れてきてた。ジダンは日本人。

・初心者を対象としているのが良い。(そもそもカヤックをやる人って大半は初心者、一部は求道的で紳士的なベテランという印象)僕もカヤックは2、3度乗ったことがあるが、ちゃんと教わったことはない。そう長い講習ではないが、要点を押さえており「あぁなるほどね」というかんじだった。

・南伊豆ってやっぱり遠い。4時間はかかる。東海汽船で式根島行くほうが楽だな。

下田の商店街の路地にある料理屋にて。
昨年カヤックに来たときと同じ店、同じ席。 ぶりのかま焼き、色々な魚のアラ煮、あじの茶づけが旨かった。
日本には幾多のおいしい魚と、それを味わう文化がある。幸せなことだ。 (たとえばニュージーランドの海も豊かなようだが、海水魚を食べる文化はない)


夕方、ジダンの友達が去り僕の友達がくる。
宿は、吉佐美にある民宿に泊った。吉佐美は本州とは思えない、美しいビーチ。穴場だと思う。数年前に自転車旅行をしたときに見つけたが、シーズン中はどのくらい混むのだろう。

この民宿の側に、シーカヤックフィスティバルを主催しているカヤック屋さんがあった。偶然だ。
夕食後、宴会に参加させてもらった。

2005/06/26(日)

南伊豆、西伊豆は首都圏からだと随分遠い。熱海からまだ数時間、合計4時間はかかる。 でも遠くて不便なだけはある。本州の中で美しい海はと問われたら、まずこの辺りだよな。 カヤック屋さんのHPで、ワイキキよりもきれいな我が砂浜みたいな書かれ方をされていたが、そのとおりだと思う。

起床後、もう一人友達拾う-来週のキャンプの下見-再びカヤックフィスティバルへ。
今日はジダン艇を出す。 友達二人をフィスティバルに参加させ、僕たちはちょっとだけ遠出をする。

うーん、すごい。
圧倒的だ。ダイナミックだ。
ニュージーランドのミルフォードサウンドみたい。あちらは皆さんの好きな世界遺産に登録されているが、その景観に比べて遜色ないよな。カヤックで漕いでいくと、冒険しているという気分になれる。
二人で行こうかやめようかと相談しながら漕ぐ。そうすると期待以上の何かが出現する。波の穏やかな湾内とはいえ、自分たちの安全は完全に自分たちに依存しているのだから、気分というよりは本当に冒険なのかもしれない。

カヤック今すぐに買うかといわれると即答しかねるが、とりあえずツアーに参加するというのは面白そうだ。結構安いし。近くにもあるみたいだし。

帰りは、夕方の沢田公園露天風呂(これも日本屈指の素晴らしさだ。チケットの姉ちゃんサービスしすぎだが)から沼津へ。
運転していて思ったが、西伊豆の中でも特にきれいなのは南のほう、松崎を越えて宇久須、土肥と北上していくと人気が増えて俗化していく。西伊豆とはいえ、やっぱり人間が多く訪れると汚れていくのだろうか。他人が行かないところへ行きたいというのは、皆が知らないところへ行って自慢するためではなく、ただきれいなところを見に行きたいということである。

沼津港市場の食堂街にて。
ウニ、いくら、巨大あまえび、トロットロのトロ。大盛りにした上に、ご飯のおかわりまでもらった。

僕の好みは、あまり市場に出まわらないような知られざる近海魚をおいしく食べることだが、こういう高級魚が嫌いなはずがない。さすがだ。旨い。値がつくだけのことはある。
とはいえ1600円。店では一番高い品だったが奮発というほどでもないな。

2005/06/27(月)

冷蔵庫の奥から出土したチリソース。「今日のごはん」に書くのは始めてだから、半年以上眠っていたことになる。これを使って残りものを炒めて煮た。

ひじきは昨年の冬式根島で買ってきたもの。これで使いきった。サラダにするのも香ばしくて善し。

2005/06/28(火)

何がそうさせたんだか知らないが、ラーメン屋のスープみたいな味になった。

2005/06/22(水)

夏だ。暑い日はトマトが旨い。岩塩を叩いてかける。大きく三つに割れた。

うなぎでも買ってこようかと思ったら、びんちょうまぐろとサーモンが安かったので刺し身にした。どちらも半額。
あおちゅう呑みながら、じっとりとした空気の中で開高健のベトナム戦記をだらだらと読む。 いい気分だ。

2005/06/30(木)

特に自分からは何も行動しなくても、季節は勝手に春から夏へと移り変わっていく。しかし季節が変わっていくペース程度には会っておかなければならない男がいる。

半年前と同じお好み焼き屋さんで近況報告。
彼とは性格もだいぶ違うし、生活も歩んでいる人生もだいぶ違う。でも何だか、大雑把に言ってしまえば同じくらいの速度で成長しているような気がする。この20年ほどの間。
ビール呑んでお好み焼きたくさん食べた。お腹も一杯になった。

2005/06/24(金)

この一週間何をやっていたのだろう。
現在作っている試作品が、なかなかうまくいかない。少しは動くようにはなったが、明確に何かが分かった訳ではなく、迷っているうちに時間だけはあっという間に過ぎていく。
もう7月だもんなぁ。

■Back ■Next ■Home