■Back ■Next ■Home

2005/05/21(土)

小笠原仲間と。
小笠原で知り合うような人たちって特筆すべきような良い人が多いと思うのだが、そういう人よりもちょっと迷惑な常連、こまった人たちの噂のほうが話が盛り上がる。

2005/05/22(日)

休日で混み混みの中華街で。横浜住んでいるのに、それほど中華街行く機会ってない。
前々から気になっていたおかゆやさん。ピータンスタミナおかゆ788円。おいしかった。

免許の書き換えをして、中華街行って寝袋と雨具を買いに行った。野外へ出かけない週末が2週続いてしまった。

2005/05/23(月)

ようやくにして小笠原の写真の整理が終わった。

2005/05/24(火)

おととい衝動買いしたレインコートが大活躍。結構な大雨だたが、ほとんど不快は感じなかった。帽子の形も良い感じで、視界が妨げられない。顔と靴は濡れたが、体は濡れなかった。
今までは、雨が振ったら電車で帰っていた。一回電車で帰れば、次の日は晴れていても電車で行くしかないから、一雨往復で420円。雨具は12000円くらい。
なんだ。たった30往復で元が取れてしまうではないか。そのうえ行動の自由が広がる。こりゃ良い買い物をしたな。

放課後体育館でサッカー。

2005/05/25(水)

米、水、ピータン、乾燥エビ、きくらげ、ぶなしめじ、にんじん、たまねぎ
塩、コショウ、ゴマ油、豆板醤

先週末に食べたお粥を意識して。こちらは家庭料理なので色々な具が入る。

ピータン超うめー。紹興酒超うめー。中国人てすげえなぁ。
日経サイエンスに載っていた最新の宇宙論を読みながらの食事。弦だの11次元だのいわれても、紹興酒のうまさほどには体で理解できないが、何だかイザナギ・イザナミの話を聞いているようでおかしい。現代芸術よりもシュールな感じ。21世紀になっても、世界中の大天才が最新の理論と国家的な実験装置を使って、神話を作ることに没頭している。

2005/05/26(木)

昨日は紹興酒呑んで、そのまま寝ちまった。
・高校のサッカー部の仲間と山の洞穴で焚き火をしているうちに山火事になってしまい、バケツリレーでそれを消す
・渓谷ぞいを走る電車から会社の後輩が飛びおり、ものすごい速さで川を泳いで再び電車に追いつき、「結構簡単に追いつけます。川が左に曲がっているところを狙うのがポイントなんです」などとうんちくを聞く
・数年前に飼っていた文鳥の最期を姉と共に看取る

というような夢を見た。

2005/05/27(金)

会社の同期と久しぶりに。
持論としては、金曜の夜はだらしなく飲んでいるよりも、山登りの準備をすべきであるし、かわりばえのしないメンバーの愚痴を聞いているよりも東海汽船で伊豆諸島目指しているべきである。そっちのほうが充実した週末を送れる。時間も金も有効に使える。
が、まぁたまにはいいか。今はちょっとくらい呑んでも明日は朝から遊びにいける。 誘いのあるうちは飲み会行っておいたって良いか。


会社でフィルムカメラの分解を行なった。
もうなんて言うか、すごい技術のかたまりだよな。 一応エンジニアのはしくれとして、一つ一つの部品の製造方法とか、要求される精度とかを考える。え、こんなのやっていいの?これもアリなの?というような部品のかたまりだ。ものすごい泥臭い試行錯誤をやったのだろう。

デジカメ時代にになって、カメラは小型化し、要求される部品精度も高くなった。だからといってフィルムは簡単だったかと言うと、まったくそうではなかったようだ。フィルムカメラのほうが動く部分は多いし、フィルムを使うことから誤動作が許されない。 デジタルカメラよりも堅牢に作られていて、分解もしづらい。分解しにくいと言うことは、組み立てもしにくいはずで、組み立てしにくければコストはあがるはずだ。
それが町では1万円程度で売っている。1万円で売ると言うことは、材料費、組み立て費は数千円。 ちょっとどういうことなんだか理解できない。 今までの数十年間の技術の蓄積と、かなりの数が出ているから可能なのだろうが、しかしこれだけのものが1万円程度で買われてしまい、1万円程度の使い方しかされないのは悲しいものがある。

■Back ■Next ■Home